あぅんの院長 気まぐれブログ

《下落合整体療術院 あぅん》院長の気まぐれブログです。 更新は不定期になりますので、あしからず・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空気が非常に乾燥していてインフルエンザも流行していますね。
先日、友人がインフルエンザにかかりまして「予防接種をうけたのにインフルエンザになった…」と
ぼやいておりました。
“予防接種を受ければインフルエンザには感染しない”と思っている方、それは誤解です。
予防接種を受けていてもインフルエンザを発症することはあります。

厚労省では予防接種について以下のように言っています。
「ある程度の発病を阻止する効果があり、たとえかかっても症状が重くなることを防いでくれます。
ただし、この効果も100%ではないことにご注意ください。」


あくまで予防接種は“発病した時に症状の重症化を防いでくれる可能性があるもの”と思っておき、
日常生活の中で自分で出来る対策を怠らないことが大切です。
    
   日常生活でのインフルエンザ予防法

 ① こまめな手洗いとうがいを習慣づける。 付着したウイルスを洗い流します。
 ② 室内の乾燥を防ぐ。 湿度が50~60%程度になると、ウイルスの不活化率が高まるといわ
   れています。
 ③ 規則正しい生活。 バランスのとれた食事と十分な睡眠を心がけ免疫力を落とさないように
   しましょう。
 ④ 人ごみはなるべく避ける。 感染者の咳やくしゃみで約1.5m離れている人に飛沫感染する
   ことがあります。
 ⑤ マスクの着用。 飛沫感染の予防になります。くしゃみや咳がある人は周りの人へのマナー
   と考えましょう。

   流行りだしてから予防接種を受ければいいやと思っている方
   体内に抗体ができるまで2週間程度かかることをお忘れなく。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。